ゼロヒャクで考えず、第3の案を考える

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

これは僕自身もそうで、自戒も込めた話なんですが、ものごとをゼロヒャクで考えてしまう人多いですよね?

相手の意見に少しでも同意できないところがあったら、その足りないところを糾弾しににいくような。例えば他人の 90点というスコアを称賛したり肯定せず、足りない10点を追究し、否定的に見るような姿勢。このようなコミュニケーションでは軋轢を生んでしまうほか、可能性の幅を狭めてしまいます。

自分の意見と相手の意見をフラットに並べてどちらも一理ある、とか、どっちも間違えているかもしれないから第3者の意見を聞いてみるとか、そういう視野の広さが必要なんだと思うのです。

ということで、そんな話題です。

「自分が正しい」or「相手が正しい」の2択で考えがち

「自分が正しい」か「相手が正しい」の2択で物事を見てしまうのは本当にありがちな話で、特にtwitterでよく見受けられます。

Aという意見に対して、「Bだ!」とか「Aと言い切るのはおかしい」みたいなクソリプが飛ぶのは日常茶飯事ですね。

もちろんtwitterは140字程度のやり取りしかできないので別にいいのですが、これをリアルのコミュニケーションでもしてしまうと、わりと問題です。

視野を広く、立体的に物事を見ること

そこで、視野を広げて、どちらの意見も取り入れるような、あるいは両者以外のところに答えを見出すような考え方を3つ紹介したいと思います。

ちなみに今から述べる3つのことは、出典が違うだけで、全て本質的には同じことを言っていると思います。世の中の教えは意外と共通しているということですね。

止揚(アウフヘーベン)

「教え」ではないですが、止揚です。

・止揚とは、ドイツの哲学者ヘーゲルが弁証法の中で提唱した概念

・あるものをそのものとしては否定するが、契機として保存し、より高い段階で生かすこと。

・矛盾する諸要素を、対立と闘争の過程を通じて発展的に統一すること。by Wikipedia

要は、対立・矛盾する2つの意見を、どちらも完全に否定してしまうことをせず、両者の要素を含んだ概念として、高い次元に昇華させることです。

お互いの意見がぶつかってしまったときに、この止揚という考え方を思い出し、どちらも活かすような方向性に持っていくのが一つの手段になりうるでしょう。

(©︎Hitopedia

中道

仏教では、「中道」という考え方があります。

快楽でも禁欲でもなく、極端に偏らずにあるべきという教えを「中道」としています。琴の糸に例えて「緩すぎても張りすぎてもいい音は出ない。ちょうどいい張り方をして初めていい音が出る」とも言われています。

(詳しくは専門家まで…(˘ω˘))

やや拡大解釈ですが、複数の意見があった場合に、「そのどれか」という両極端ではなく、ちょうどいいバランスを探し、「中道」を歩む姿勢も時には重要かもしれません。

第3の案を考える

私たちはえてして、強いか弱いか、厳しいか甘いか、勝つか負けるか、物事を「二者択一」で考えがちだ。しかし、このような考え方には根本的な欠陥がある。(中略)Win-Winは、第3の案の存在を信じることである。by『7つの習慣』

スティーブン・R・コヴィー氏著『7つの習慣』の、第4の習慣「WIn-Winを考える」の引用になります。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00KFB5DJC/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_hd3REb1QY16TZ

正確に言えば、Win-Win or No Deal を勧めています。また本書では、Win-Lose、Lose-WinをWin-Winの対比として用いています。前者は権威や力によって自分を通し、相手を負かす考え方、後者は自分を殺して思考停止で相手に譲歩する考え方です。

つまり、どちらかがLoseになってしまう結論はできるだけ避け、どちらの意見も活かせる方法を探す。もしどうしても見つからない場合は、No Deal、つまり仕切り直しを選択するという考え方です。

「自分か相手のどちらか一方が勝ち、もう一方が負ける」という2択のパラダイムから抜け出し、第3の案に目を向けてみてはいかがでしょうか。

相手の意見とぶつかり合っているように感じたら、一歩引いて見る

「相手の意見とぶつかり合っている」という状況は、当人たちが一番感じ取れるはずです。そしてその時は往々にして視野が狭くなってしまっていることでしょう。

お互いに意見を出し合ったあとは、どうしても今出ている意見、目の前に見えている意見だけで結論を出そうとしてしまいがちです。もちろん結論を早く出すべき状況ではそれも重要かもしれません。

しかし。それでどちらか一方がWinにならないのであれば、そのどちらでもない意見を出したり、両者を組み合わせた概念に目を向けてみる視野を持つことを意識してみると、発想力が広がり、新たな可能性を見出すことができるのではないでしょうか。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です