CATEGORY 7つの習慣

持論

ゼロヒャクで考えず、第3の案を考える

これは僕自身もそうで、自戒も込めた話なんですが、ものごとをゼロヒャクで考えてしまう人多いですよね?相手の意見に少しでも同意できないところがあったら、その足りないところを糾弾しににいくような。例えば他人の 90点というスコアを称賛したり肯定せず、足りない10点を追究し、否定的に見るような姿勢。このようなコミュニケーションでは軋轢を生んでしまうほか、可能性の幅を狭めてしまいます。自分の意見と相手の意見をフラットに並べてどちらも一理ある、とか、どっちも間違えているかもしれないから第3者の意見を聞いてみるとか、そういう視野の広さが必要なんだと思うのです。

持論

幸せな人生とはなにか

人生の意義とはなんでしょうか。僕には「”幸せな人生”を送りたい」という漠然とした願いがあります。これはこの世に生を授かった者としての権利であり、意義でもあるのではないかと思っています。では”幸せな人生”とはなんでしょうか。それは言い換えれば、死ぬときに「生きててよかった」と思える人生ではないでしょうか。

強み分析

「自分と周りは違う」ということを認めて、面白がるための3ステップ

僕たちが生活や仕事をしていく中で、他人と意見を交わし合うことは日常茶飯事です。そしてしばしば意見や解釈の食い違いが発生します。そんなつもりはなくても、意図せず言い争いに発展してしまうこともあるでしょう。そこで、「自分と周りとの違い」を認めた上で円滑な関係を築くためにはどうすればいいか?その助けになってくれるような考え方を、簡単な3ステップで紹介したいと思います。