相手の気持ちを理解するには、自分の「つい生まれた感情」に意識的になること

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

tl;dr

自分の中に「つい生まれた感情」をメモしたり覚えておくと、「こうされたらそう思われる」という最も身近な教訓や教科書になる。

他人の嬉しい言葉は参考書に

サラッと嬉しくなる発言ができる人は世の中に存在する。誰かに言われて嬉しかった言葉は、「何を言われて」嬉しかった、の部分を覚えておくといい。とはいえ覚えておくのは多分無理だから、どこかにメモしておくのをオススメする。

キャラや人間関係も関係するだろうが、「言われて嬉しい言葉」は誰に言われても少なからず嬉しいものだ。そういう言葉を投げかける練習をすればいい。

他人の腹たつ言葉は戒めに

逆に人を怒らせる天才みたいな人も世の中に存在する。誰かに言われて腹が立ったり、言い返すほどではないが少しムッとしたときに、「何を言われて」腹が立った、の部分をメモしておく。

そういう言葉や言い回しは使わないように気をつける、戒めとしておくのだ。

また、機嫌が悪かったりしてつい口をついて嫌みなどを言ってしまうことも誰しもあるだろう。これも、予めメモしておけば、少しでも防げる確率が上がる。

自分の感情に「ふーん」って思う

自分の感情なんて24時間作動しているパッシブスキルだから、意識なんてしないものです。これを自覚しようと思えば、相当意識する必要があります。

とはいえ、他の人が意識していないことを意識することは、それだけで一歩リードできるというか、かなりチート技だと思っています。

「こういう時にこういう感情になる」という自己認識だけでも相当に面白い発見になると思うので、ぜひお試しあれ。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です