ぞのさんのPoints of Youコーチングを受けたぞ

チャイフです。

「やりたいことがわかんねぇ」状態だったので、いろいろあって先日ぞのさんのPoints of Youコーチングを受けてきました!

ぞのさんってどんな人?って人はこちらのリンクをご利用くださいませ。

https://z0n0.com/pointsofyou-contact

Points of Youとは?

これも、ぞのさんのページを見ていただく方がより正確だとは思います。

https://z0n0.com/archives/5594

コーチングゲーム、バンクタム、FACESという3種類のカードがあるらしく、コーチングで使われるのは名前の通り、「コーチングゲーム」になります。

写真と、言葉(単語)が書いてる、だけといえばだけのカードです。

このカードについて、感じたことを話していくわけです。

Points of Youの面白さ

僕が初めてPoints of Youのことを知った時の率直な感想は「それで何がわかるのか」でした。

しかし、やってみると不思議と、いつの間にか自分のことを話していたりするのです。

面白い反面、正直ちょっと怖いな、とも感じましたね。

実際やってみた

さて、コーチングが始まるときにぞのさんに言われたのが、

「恐縮厳禁、遠慮不要」

です。かっこいい。

要は、セッションをしていく中での心構えですね。

僕は、脚色するな、感じたまましゃべれ、と解釈しました。

少しボーっとして頭をカラッポにしてから、いよいよコーチングスタートです。

(ここでは3枚一気に載せましたが、実際には1枚ずつ20分くらいかけてじっくり話します。)

1枚の絵について、まずどこに目がいった?どんな感情を持った?登場人物は何歳くらい?何を考えてる?ここに書いてあるものを作った人はどんな人?ここはどこ?写真に移ってない部分は?色はどんなイメージ?ここに何か加えるなら?それらの答えは、なぜだと思う?

などなど、質問をしてもらうわけです。

どうでしょうか。

正解はありません、そう感じた、というだけ。

ネガティブなことを話しているときに、自分のことを話しているような感覚になり、嫌な気分になる瞬間もありました。

一方で「これやべぇな」と思って笑っちゃってましたがw

僕のイメージを書いてしまうと固定観念が入る気もするので、あえて書きませんが、

3枚を通してのぞのさんからの印象的なフィードバックとして、

「チャイフさん自身が全く出てこないんですよね」

と。

ハッとしました。

自分が登場しないのは当たり前だと思っていたから。

つまり、僕の人生も僕自身が主役になっていないのではないか…

…おっと、ここから先の内容は僕の内面に深く関わるかつ、コーチング受けてこそのそれなので、

 

2人だけの秘密です(‘ω’)

 

はい。

 

 

具体的な行動指針としては

・「自分はこう思う」ということを発信する

・やらない言い訳をできるだけ考えないようにする

どちらも自分にとってはハードルが高いというか、相当意識しないとできないことなので、練習あるのみです!

終わってみて

自分の内面を掘り下げられているような感覚でした。

チャイフ「すごかったです。その人の悩みにマッチしそうなのを選んでるんですか?(‘∀’)」

ぞのさん「いえいえ、ランダムで選んでますよ

チャイフ「じゃあ、質問は、やっぱり効果的なものを決めてからされてるですか?(‘∀’)」

ぞのさん「いえいえ、そのとき思いついたことを聞いていますよ

 

まじか。

 

つまり、クライアントが勝手に自分で掘り下げているってことですか。

勝手な解釈ですが、コーチはいわば、布石、きっかけを投げてくれてるんですかね…

Points of Youコーチングでは、1人で黙々と考え事をしているだけでは絶対にたどり着けない、深層心理に触れることができます。

あの感覚はうまく説明できないですが、効果は絶大です。

ぞのさんも申し込みページで注意点として挙げていますが、心身の健康はある程度必要だと思いますねw

Points of You、あな恐ろしや、あなどるべからず。

 

さてさて。

現在、ぞのさんは100人限定で無料コーチングしているみたいです。

「残り50名を切っています」という文字が追加されてからけっこう経っている気がするので、

「ちょっと気になる」

と思った方は、ぜひ受けてみてはどうでしょうか!

注意書きもしっかり読んでからお願いしますよ~

https://z0n0.com/pointsofyou-contact

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です