比較実験による早く起きるための研究的手法

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

前回の早寝とのセット、早起きについての研究結果です。実を言うと、早寝と早起き以外に、「睡眠効率をあげる方法」というトピックもやりたいんですが、まずはこの2点が大事でしょう。

というか、この2つのメソッドとも重複する部分もあるので、あえて別で語る必要もないのかな、と思っていますね。ちなみに一方で、今回話すテーマは一種のバトルです。気合い入れていきましょう!

そもそもなぜ起きれないのか

生物学的な話はわかりませんが、僕から1つ言えることは、朝の自分にとって、再び布団に戻ることは全てに優先するということです。

やりたいこと、やるべきことがいくらあっても、全てを放棄して布団に戻ります。したがって、ここにフォーカスして、対策を立てることになります。

朝の自分=ゾンビ 弱らせるためのワナをしかける

僕は、朝目覚めた時の自分は二度寝だけを求めるゾンビだと思っています。朝起きれない自分は、普段の自分ではないので、あなたの気合いが足りないわけでも、だらしないわけではありません。ゾンビに負けただけです。You Loseです。まずはこれを理解し、認めることが第一歩だと思います。

早寝は自分の意志と勇気ですが、早起きはバトルです。ゾンビを弱らせるための仕掛けをどれだけつくれるか、というワクワクバトルゲームだと思ってください。

20180108ひらめきラジオ「早起きのコツ」

メソッドに入る前におなじみ、jMatsuzakiさん(@jmatsuzaki)、F太さん(@fta7)が毎週月曜日5:00〜やっているひらめきラジオをとりあえず紹介しておきますね。

20:45〜「理性的に考える時間が減る」精神的なところですが、ここは特に重要です。後に語る、時間稼ぎです。

身体的なメソッド(起きる前から対策できること)

戦う前の装備品を整える、みたいなイメージですかね。やれるだけやっておくべきです。

早く寝ること

やはり、まずは早く寝ることです。疲れが残っていると、ゾンビとしては強力になります。しっかり睡眠時間が取れていると、二度寝の欲求は下がります。具体的なメソッドはこちらをお読みください。

比較実験による早く寝るための研究的手法

睡眠効率をあげること

やっぱり睡眠効率の記事も書くかぁ〜wwwwwww

早く寝ることと同じく、「しっかり疲れが取れている」ことが重要なので、ここも語らざるを得ない気がする…まぁ、考えておきます。

物理的なメソッド(ワナ)

さぁ、ここからがバトルですよ。

  1. 布団から追い出す:布団の中におられては、バトルスタートすらしません。不戦敗です。
  2. 時間を稼ぐ:ゾンビの体力は布団の外に出ている時間に比例して弱っていきます。
  3. 布団への誘惑を下げる:いかにゾンビを回復させないか、それが重要だ。

目的は、この3つのどれかです。時系列で書いていきます。

厚着をして寝る

3.です。

朝起きたときに「寒い」というのは、それだけでゾンビの力を強力にさせます。まずは状態異常で弱らせましょう。

暖房タイマーをつけて寝る

3.です。

厚着と同じ理由です。乾燥してカゼを引くといけないので、加湿器 or 濡れタオル干し or マスクで対策をしましょう。

水をいっぱい飲んで寝る

1.です。

起きた時にトイレに行く欲求が二度寝の欲求に勝ってくれる確率が上がります。

3.でもあります。

ヒトは、何かが欲求不満の時は、他の何かで満たそうとする性質があるそうです。喉の乾き(欲求不満)を睡眠(他の何か)でごまかそうとされたくないですから。

寝起きにスマホでゲームをするortwitterを見る

2.です。

F太さんが言うには、スマホのライトをマックスに明るくするのがオススメだそうです。クソ眩しい。かなり効果的です。

目覚ましを、目覚める用と起き上がる用の2つ用意する

1.です。

まずはここがスタート地点といってもいいでしょう。

早起きに苦労されている皆様の中には、すでに何度も実践し、挫折された方も多いかもしれません。繰り返しますが、ここはスタート地点です。ここからいくつワナを張れるか、が勝負です。

目覚ましの横に水を置く

2.でもあり、3.でもあります。

目覚ましを止める→水を飲むを一連の動作にできれば強いです。できれば暖かい白湯がベスト。完全カフェイン断ちをするストイックな方でなければ、コーヒーやお茶でも可。

起きたらトイレに行く

2.です。

目覚ましを止める→トイレに行くを一連の動作にしてもいいですね。かなり強力なメソッドといえるでしょう。

目覚ましの横に、命令を書いた貼り紙をしておく

2.です。

ゾンビは、強力な二度寝パワーを持っている一方で、アホです。頭カラッポですから。単純な命令を与えられると、案外従ってしまうのです。僕は「トイレに行け」と書いた紙を実際に置いています。あなどるなかれ。

早起きとは目覚めた後、数十秒間の自分との闘いである

僕が実践したものは以上です。いかがでしょうか。どれも少なからず効果がありました。組み合わせと工夫で作戦を立てて、ゾンビを弱らせることを考えてみてください。

あと、精神的なところでいくと、失敗したら失敗したでめっちゃ反省することです。こんなアドバイスですぐ早起きできたら誰も苦労しません。チャレンジ→反省を繰り返して、ヒトは強くなっていくのです。

早起きは千里の道…がんばりましょう。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です