「イメージ記憶」と「場所法」を使って百人一首を3ヶ月で50首暗記した

こんにちは、チャイフ(@chaif123)です。

2020年に入ってから百人一首をやっと50首暗記したので。

tl;dr

  • イメージ記憶:イメージで覚える
  • 場所法:番号順に覚える

メカニズムと、みんな自然とやってるよって話

どういうメカニズムで記憶されているかっていう脳科学的な話はここでは言及しないので適当にググってください。(匙投げ)

キーワードは「連想」じゃないですかね。(匙投げ)

とりあえず、脳は「場所を覚える」ことは得意というか、場所を覚えることに特化した細胞があるようです。

https://blog.counselor.or.jp/work_technique/f211

トイレやお風呂に英単語貼ったり

受験勉強のとき、家のいたるところに英単語貼った人いないですか?笑

「トイレにあった単語は〇〇」

「お風呂の天井に貼っていた単語はxx」

みたいな感じで、場所と結びつけて、情景とセットで記憶を想起することはかなり容易なのです。

道を覚える時のベンチマーク

ある場所への道順を覚える際、「このコンビニを右折」「この緑の看板の薬局を左折」という感じで覚えることは多いと思います。

複雑な経路を記憶するときも、イメージ記憶と場所法を使っているのです。

イメージ記憶と場所法

ということで百人一首の話。

初句をイメージで覚える

百人一首は一つの作品なので、初句から結句まで一続きの日本語になっています。(句切れはありますが)

なので、初句を思い出すことが非常に重要になります。ということで、初句をイメージできるようなラクガキを書いて順番に並べて覚えています。

全体としては単語じゃないからむずい

逆に、二句〜結句にかけてはストーリーなので、自分で書いたラクガキを元にして、脳内で動画を再生させるイメージで覚えています。

なので、暗記するにあたって五七五七七の31音を丸暗記するのではなく、現代語訳を読んで内容を理解する効果は大きいと思います。

そもそもストーリーがあるからマシ

百人一首って短歌であり、歌であり、古語だけど日本語。意味はあるしストーリーもある。たまにある文法的に難しい句は苦労するけど、わかりやすいやつはわかりやすい。

君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな(藤原義孝)

現代語訳:君のためには惜しくなかった命でさえ、結ばれた今となっては、長くありたいと思うようになったよ。

もうなんか、そのままです。「もがな」が願望を表すことだけ知っていれば問題ない気がしますね。

「君がため」さえ思い出せれば、あとは芋づる式に句を思い出せるというわけです。

イメージ法+場所法、使っていこう

まぁもちろん口に出して、耳で聞いて、という五感を使うという暗記テクニックも併用していますが。なんにせよイメージ法+場所法は強力です。

ちなみに大阪環状線や山手線、東海道新幹線を暗記したときにもイメージ法+場所法のテクニックは使いました。

寺の近くで桃を鶴が玉乗りに乗りながら食べている

→天王寺、寺田町、桃谷、鶴橋、玉造

内容が素っ頓狂であることも重要です。

名古屋城の下に橋が架かって、砂浜がある。川の向こうに静かな岡と富士山が見える。

→名古屋、三河安城、豊橋、浜松、掛川、静岡、新富士

ハマればマジで強力なので、覚えたいものがあるときはぜひ使ってみてください。ラクガキ大事。

チャイフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です